週間GOMIニュース

 senzryが四代目zellyを襲名
 日本FPS界の伝統的な古武術流派であるGOMIが6日午前、同流派のsenzry氏が四代目zellyを襲名すると発表した。
 襲名はGOMIのスピリチュアルヒーラーで、永久名誉会長の江原啓之氏(44)の意向によるものと見られ、senzry氏の三年半に渡るGOMIでの活動が江原氏に高く評価されたようだ。
 
GOMI広報室によると襲名披露宴を行う予定はなく、大々的な告知活動等は行わない方針とのこと。
 以下襲名の件に関して
senzry氏のコメント▽
 「この度、四代目
zellyを襲名させていただくこととなり、大へん光栄です。このような名誉ある名前をいただけたのもGOMIの皆様並びに名誉会長のおかげです。名誉であるとともに大きな責任のある名前でもありますので、先代に恥じぬよう今まで以上に精進していく所存です

 解説
 
zellyFPSと日本の古武術を融合させたGOMI流の初代師範が名乗ったのが始まり。三代目はGOMI流を近代的に改革し、現在のクラン活動は三代目の提言によるものと言われる。

 
GOMI公式ブログの大人気コーナー「ロールシャッハテスト」二年の歴史に幕
 
GOMI公式ブログ「春不遠」のコーナーで人気を博した「ロールシャッハテスト」が最終回を迎えていたことがわかった。09年11月のGOMI公式サイト「千の風」リニューアルと同時に始まった同コーナーは大人気投稿コーナーの中でも特に人気が高いコーナーとして知られ、突然の終了にファンの間からは戸惑う声も上がる。
 「春不遠」のファンという武蔵野市に住む会社員の女性(23)は「大好きだったコーナーだけにとても残念。最近、更新自体も年に数えるほどしかなかったのでなおさら・・・・」と寂しげに語った。
 突然の終了は公式ブログに寄せられた精神医療関係者と名乗るユーザーのコメントが原因と見られ、専門家のユーザーのコメントとは言え1コメントだけで大人気コーナーを終了させることには議論が巻き起こっている。
 精神医療患者の支援活動を行っているNPO法人「精神医療福祉ネットワーク」代表の西湖氏は次のように語った。
 「デリケートな問題である精神医療をブログのネタにするのは精神科医や患者などの関係者から見れば不快極まりなく、言語道断だ。(寄せられた)コメントにもあるようにロールシャッハの図版を公開するのが、そもそも大問題。ブログとは言えアクセス数があれば社会的影響は計り知れない。コーナーの終了は当然」
 一方、インターネット問題に詳しい在宅ジャーナリストの小森杉太郎氏は次のように憤る。
 「『春不遠』は大人気ブログ。コーナーの終了がユーザーの意見を聴かずに運営者の独断で決められたことが問題だ。ブログという双方向メディアの利点を生かし活発な議論の場にすべきだった。終了はそれからでも遅くない。またロールシャッハテストの図版は検索サイトで画像検索をすればいくらでも出てくるものであり、精神医療関係者なる人物に人気ブログが狙い打ちにされたような怖さを感じる。ネットでの自由な言論活動を封じようとする反日勢力の・・・(省略)」
 すでに運営側はコーナーの終了を決定しており、関係者は「現在は投稿を受け付けていない。(コーナーの再開は)ないと思っていい」と述べた。
 尚、運営側は「ロールシャッハテスト」以外のコーナーは今後とも継続していく方針とのコメントを発表している。

 資料
 ・「春不遠」に寄せられた精神医療関係者を名乗るユーザーのコメント
 
ロールシャッハテストの図版は公開されるとテストとしての機能がとても損なわれてしまうので、ロールシャッハのコーナーを削除していただければと思います。精神医療関係者も、それを頼ってテストを受ける側も、事前に図版を目にすることは不利益が大きいのです。人気のコーナーのようですが、なおさら損失が 大きいように感じました。よろしくお願いします。

 
senzryさん三ヶ月ぶりにFPSをプレイか
 引退も囁かれ一時行方不明となっていたカリスマ
FPSプレイヤーのsenzryさんとみられる人物が、今日未明バトルフィールド3を元気にプレイしているという情報が編集部に寄せられた。
 
senzryさんは今年8月頃から公の場に姿を見せなくなり、引退説やテレポート説などが流れていた。
 
senzryさんのことをよく知る男性は「最近パソコンを新しくしたようだし、Youtubeやニコニコ動画で違法にアップロードされたバラエティ番組や映画を見ては『けしからん、ほんまこつけしからんばい』と言う趣味にも飽きてきたのでは」と話す。
 寄せられた情報が事実であれば、実に三ヶ月ぶりの
FPSプレイということになり、senzryさんのFPSスキルの低下が懸念される。
 
senzryさんの復帰ということになれば、更新が停滞していた公式ブログにて何らかの発表があるかもしれない。GOMI公式ブログ『春不遠』の更新が気になるところだ。

GOMI公式ブログはhttp://blog.gomibukuro.org

続きに投稿紹介

GOMIの上にも三年

 気の利いたことを書きたい。
 GOMIが、設立から三年を迎えたからだ。
 めでたいのか。めでたくないのか。どーでもいいのか。どーでもよくないことなのか。
 それはわからないが、とりあえず何かもっともらしいことでも書いておこう、と思い立って書き始めてみた。が、気の利いた言葉がなかなか出てこない。逆立ちすれば出てくるかな、なんて幼稚なことをよぎらせてはみたけど、もう何年も逆立ちしていないことに気づくだけだ。 
 
 さて、困った。何て書こうか。無難に、GOMIが三周年を迎えたのは皆様のおかげです的なことでも書こうか。でも、そんなの前にも書いた気がするし、今さら言うのも気が引ける。
 そもそも、三年経ったからといって、いちいち意識する必要なんてないんじゃないか。いちいち意識して、感慨深げにするのって、ホントは気持ち悪いんじゃないか。
 「あっそ、フーン。だから?」
 みたいにして
 「俺ってクールだろ?そんなの気にしないんだぜ」
 とか言って前髪かきあげながら、春の夜風に吹かれているほうが・・・・・余計気持ち悪いか。
 
 考えてみれば、GOMIはよく続いている。僕が言うのもおかしいかもしれないけど、それなりに上手くいっていると思う。三人よれば派閥ができる、なんて言われるが、GOMIに派閥なんてない。
 もしかしたら僕の知らないところで不満が燻っていて、気が付いたらどこかの国みたく大規模なデモに発展してしまうことだってあるかもしれない。それは否定できないが、あまり考えられない。
 何故だろう。何故、三年続き、大きな問題が起きることもなく、ここまで来られたのか。(良弁事件とかちいせぇ、ちいせぇ)
 それは、やっぱり僕がカリスマ的なリーダーシップを発揮して来たからに違いない。僕が人間としての魅力に満ち溢れているからに違いない。僕が皆から愛されているからに違いない。僕が・・・・ふう、やめよう。そんな自信ない。(こういう書き方ってイヤらしい。そしてわざわざカッコ書きでイヤらしいと書くのもイヤらしい)
 
 ともかくGOMIは設立から三年を迎えた。正直、こんなに続くとは思わなかった。いや、たとえ続いたとしても、僕が居続けることはできないと思っていた。だけど、不思議なことにGOMIは今もあり、僕はまだGOMIにいる。
 これから先、どう流れていくのかはわからない。あっけなく終わってしまうような気もする。でも、三年続けることができた。だから、せめて気の利いたことを書いておきたい。

*続きにあとがきと投稿紹介があります
  

公式twitter開始のお知らせ

 僕もとうとう、とうとうです。つぶやきの波に乗ってしまいました。ホントは乗るつもりなかったんです。巷で流行っていることは知っていたのですが「自分だけはクール」的な風を吹かして気にはなりつつも横目でチラリと眺めているだけでした。猫も杓子もtwitterかよ!なんて吐き捨てたりとかして。なにぶん気持ちだけは十四歳の少年なもんで・・・。
 そんな僕もさすがにこの波には抗えなくなってきました。自分だけはクール砦も守れなくなってきました。気がつけば周り中が、つぶやきまくってるんですから!これはもうつぶやきの津波です。つぶやきのビッグウェーブ!
 いや、僕も渋谷辺りにたむろしている、ものすごく楽しいことをいっぱい知ってますみたいな顔して、何があったのかギャハハと笑い声を上げたりしている若い男女の集団(つまり僕の天敵)がしてるぶんには「バカなやつらめ、フフン」で済ませられたわけです。「あいつらはバカで自分は賢いの法則」を持ち出して心の平安を守ることだってできたはずなんです。
 ところがです。百歩譲っても、僕より百倍は頭いいだろうな、と思う著名人たちまでつぶやいてるんです。ついーとしてるんです。それだけではありません。職場でも携帯端末を使ってつぶやいてる人がいて、暇を見つけてはついーとしてるんです。それも一人二人ではありません。調査していないので正確な人数はわかりませんが、おそらくは僕以外の人間すべてがついーとしてるんじゃないでしょうか、たぶん。「twitter?やってないよ」とか言う人間は、周りの人間には知られたくないことを密かにつぶやいてるだけで、ほんとはついーとしてるんです。「王様の耳はロバの耳!!」とかって。
 こうなってくると怖くなってきたんです。つぶやく、というのは悪口とか陰口とか・・・そういったマイナス方向の話をするときに使う表現でしょう。元々あまりいいことではないんです。それをみんながしているなんて・・・。誰かがどこかで、まだtwitterに参加していない人たちのことを悪く言っているに違いない、そう思えてくるんです。まだtwitterに参加していない人。まだ参加していない人。参加していない・・・・僕だ!そ、その、つ、つまり・・・・ぼ、僕は・・・・止まれ!
 まあそういう妄想は止めにしてですね、ひとつ僕もはじめてみようと思いました。やっぱり情報伝達の手段としてはブログより簡易ですし、気楽ですから。
 ということで、タイトルにもありますようにGOMI公式twitterを開始しました。ただ、つぶやきを始めるにあたっては、いくつかの決まりを自らに科したいと思います。あくまでGOMIの公式twitterであって、僕の個人twitterではないわけです。ですので、このブログのように僕の中の十四歳の少年を暴走させてはならないんです。
 つぶやきの決まり
一、自分の内面の感情をつぶやいたりしない
一、気に入ったコミックのセリフをつぶやいたりしない
一、同じく森田童子の唄をつぶやいたりしない
一、恨み、辛み、僻みをつぶやいたりしない
一、以上を踏まえ、あくまでGOMIの公式twitterであることに留意すること
 上記の決まりを守って、GOMI公式twitterを開始します。皆様にホットなGOMI情報をお伝えしていければと思いますので、よろしくお願いします。
 GOMI公式twitterはコチラ↓
 http://twitter.com/clan_GOMI

GOMI二周年のご挨拶

 人生にジェットエンジンでも点いたのか。毎日があまりにも早く飛び去っていきます。特急列車の車窓に映る風景より早く過ぎ去る日々の中で、私は何もできずに、ただ時間が止まればいいと思うことしかできません。

 このまま一年また一年と音速で過ぎて、私はひとつまたひとつと、確実に着実に歳を重ねていくのでしょう。そして気がついたら、もう若くはなく、からっぽのままおじさんになっていると思います。

 もしスーパーマンが、地球の周りをぐるぐる回って、時間を戻してくれるなら・・・・。そんな馬鹿なことを考えて、他にあるとしたらどんな生き方ができただろう、と意味のない夢想にふける今日この頃です。


 GOMIが生まれてから二年経ちました。GOMIも二つ歳を重ねたことになります。

 GOMIの二歳は人間で言えばいくつくらいになるのでしょうか。

 まだ、よちよち歩きの赤ちゃんか。それとも働き盛りの青年か。あるいはもうよぼよぼでお迎えを待っている老体なのか。いや、すでに死んでいるのに、ただ徘徊するだけのゾンビか。

 私にはわかりません。たとえ終わるにしろ、このままもう少し続くにせよ、もうすでに私の手を離れているからです。

 からっぽの私が始めたGOMIは、そのまま私と同じくからっぽでした。何もなくただ風にゆれる葦と同じです。

 そんなGOMIに動力を与えたのは、私ではなくGOMIの皆様だと思います。私ひとりなら何も起こらなかったことでしょう。

 二年経ってGOMIがまだこうしてあるのは、GOMIの皆様のおかげです。


 ありがとうは言えるうちに言っておけ、とバットマンが言ってました。

 音速ジェットで毎日が飛び去っていくと、言うべきことを置き去りにしてしまい、そのことを忘れてしまいます。そして、今あるものを当たり前のように感じてしまうのです。

 すべてのことには終わりがあります。GOMIもそうです。いえ、GOMIが終わらなくとも、私が去らなければならなくなる日が来るかもしれません。

 それはどうなるかわかりませんが、そうなってしまう前に感謝を捧げます。からっぽの私が愛する、GOMIとエリスに――


2010年4月13日 senzry


更新情報と今後の予定

  リニューアルして装いを新たにスタートした「春不遠」ですが、ブログのデザインやURLが変っても、私は今までとほとんど変らない日々を送っています。
 最近起こった出来事で良いニュースは部屋を片付けていたら、部屋の隅から封筒に入った一万円が出てきたことです。一万円と共にワラジムシが出てきた事は悪いニュースと言えるかもしれません。
 一万円の入った封筒は部屋の隅の紙袋から出てきたわけなんですが、その紙袋をどけたときにワラジムシがカサカサカサと出てきました。ワラジムシ大好き、ワラジムシとなら私・・・・・という方がいらしゃったら申し訳ないのですが、私はこの手の足たくさん系生物が嫌いなんです。刑務所に入るのとゴキブリわさわさ、どちらか選べと言われたらゴキブリわさわさを迷わず選びますが、ワラジムシわさわさとどちらか選べと言われたら少し考えてしまう、それくらい嫌いです。
 それほどまでに嫌いなワラジムシですが、私は殺さずに取り逃がしてしまいました。私の住んでいるアパートが殺生戒というわけではありません。扁平形の多足生物がカサカサ出てきたときに私の脳がそれをすぐにワラジムシだと認識できず戸惑ってしまい、殺すという判断が遅れた為なのだと思います。
 それはうまく言えませんが、映画「エイリアン」でノストロモ号の船員が、突然仲間の船員の胸を食い破って出てきたチェストバスターを見逃してしまったことと似たような感覚だったのではないでしょうか。
 
 はい、ワラジムシの話はこの辺りにしておいて更新情報や今後のGOMIの予定などについて触れておきます。
 前回、お伝えしました公式サイト「千の風」の更新作業ですが、一通りコンテンツが整いましたので、その旨お知らせします。
 プロフィールは情報としてはあまり濃くありませんが、以前より見やすくはなっていると思います。新コンテンツのヒストリーはGOMIの歩みをまとめたもので、以前ブログでまとめたものに若干の修正を加えた内容となっています。大人気の投稿コーナーは旧サイトから引き継いだコーナーと新しく加わったコーナーがありますので、よろしければどうぞ。
 今後のGOMIの予定ですが、オフ会は前回お伝えした通りとして、その他にTF2の大会「FJTF2」に参加する予定があります。私はそういった催しからは遠く離れた位置にいるので、詳しいことはわかりませんが、1objectが参加登録していたので参加するのでしょう。何か私から言うべきことは特にありませんが、参加なさる皆様のご活躍をお祈りいたしております、とだけ付け加えさせてください。

 ワラジムシを殺し損ねた私ですが、もし紙袋をどけたときに出てきたのがワラジムシではなくチンチラだったら、私は”チェストバスターを見逃したような感覚”でチンチラを見逃したとは思えません。おそらくすぐに捕まえてペットにしていたか、毛皮をマフラーにして首に巻いていたことでしょう。
 そう考えるとワラジムシはなかなか策士と言えるのかもしれません。チンチラのようにかわいくもなければ、暖かい毛皮を装っているわけでもない。しかし、なんというかそれだからこそ逃げ延びることができたのではないかと思えるのです。
 そんなことを考えるより、封筒に入った一万円の使い道について考えるほうが、少しは夢がある話ですが。
 

| 1/2PAGES | >>

sponsored links

calendar

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM