第二回オフ会レポート 大阪編

 エスカレーターは左側を開ける。串揚げのソース二度づけは死刑。話には必ずオチをつけなくてはいけない。

 東京モンが語る大阪のイメージだ。そして決まって、

 「文化が違うんだよ」

 と口を揃える。

 「大阪は外国だから」

 と言うものまでいる。眉につばをつけたくなる情報もあるが、やはり東京とは大なり小なり違いはあるのだろう。

 この夏、そんな大阪にてGOMIのオフ会が開かれた。夏風邪をこじらせた1objectを東京に残し、僕は単身、彼の地に赴いた。

 

 新大阪の改札を出るとすぐにエリスが迎えてくれた。

 大阪の地に足を着けるのは初めてだ。日本の外国とまで言われる地である。大阪ビギナーの僕には右も左もわからない。言葉も通じるのか不安であった。

 こんなときに頼れるのは何か。

 大阪を知り尽くし、舐めまわし、しゃぶり倒した船頭役が必要だ。

 それは誰か。まーきゅんしかいない。

 歩く大阪ウィキペディア。iphoneと呼ばれる未来の携帯端末を使いこなし、自家用セダンで縦横無尽に大阪市内を駆け巡る――

 ここまで頼れる船頭はそういない。彼のまたの名は浪速のイケメンである。

 

 エリスと二人、まーきゅんの車に乗り込んだ。

 「神、何が食べたいですか?」

 まーきゅんに訊かれ、僕は、

 「お好み焼き食べたい」

 まーきゅんのシナプスはすぐに目的地を探し当てたのか「食べたい」の「い」を言い終わるか、終わらないうちに車を走らせていた。

 

 ドラえもんのポケットには未来の道具が入っている。浪速のイケメンのポケットには何が入っているのか。iphoneである

 お好み焼き屋の前まで来たとき、まだ開店前であることがわかった。だが、まーきゅんは慌てない。

 華麗にズボンのポケットからiphoneを取り出すと、指一本で端末を操作しはじめた。

 こういったときどうすべきなのか。おとなしく開店を待つのが懸命なのか、あるいは別の店に移動するのがよいのか。

 まーきゅんの脳神経が、iphoneの情報端末と結び合わさり、最善の答えがはじき出される。結果、開店するまで、適当にぶらぶらするのが良いということがわかった。

 まーきゅんがiphoneで情報を収集し、的確な判断を下さなかったら、僕とエリスは大阪で遭難していたことだろう。

 浪速のイケメンにはiphoneがよく似合う。


 本場のお好み焼きに舌鼓を打った後、まーきゅんに連れられ、大阪城に行くことになった。

 夏の大阪城は蝉が鳴き、木々の葉が生い茂り、空はどこまでも高く、青かった。そして広い城内を歩くまーきゅんの姿は、まるで城主である。

 「余の城じゃ。苦しゅうないぞ」

 と言い出してもおかしくはない。何か粗相があれば、

 「ええい、頭が高いわ!」

 と一太刀で斬られても文句は言えない。そんな貫禄があった。

 浪速のイケメンにとって大阪城は庭なのだ。


 通天閣のメインは展望台ではない。その足元にある。

 大阪城を出た後、ボスケテと合流。四人となったGOMI一行は、まーきゅんの運転する車に乗り通天閣に向かった。大阪いうたら通天閣や、というノリだ。

 通天閣の足元まで来て、いざ上まで行こうとしたら一時間待ちと書いてあった。

 待とうか、どうしようか、と思案したが、「待つほどのものではない」という冷静な判断が二秒で下され、満場一致で可決された。あまり大きな声では言えないが、まーきゅんが言うには「のぼってもショボい」らしい。

 通天閣の足元一帯には串揚げ屋が並んでいる。おそらく「大阪串揚げ総連合」とかいう組織があって、その総本山が通天閣周辺なのではないだろうか。

 通天閣に上ることを断念したGOMI一行は、大阪いうたら通天閣や、というノリから大阪いうたら串揚げや、というノリにシフトしていた。

 

 豚、うずら、チーチク、生姜、からしれんこん・・・・。

 遠慮なんていらない。食べられるものになら、何でも串をぶっ刺し、衣をつけて揚げる。それが串揚げだ。

 ソースにじゃぶんと浸して食べる。二度づけはご法度だ。かつてソースの二度づけは、市中引き回しの上、打ち首になったらしい(ウソです)。

 気になったのは、生のキャベツが出されたことだ。生キャベツは適当な大きさにちぎってあった。

 京都ではぶぶ漬けが出されたら帰らなければならない、という伝統があるが、大阪ではぶぶ漬けの代わりに生キャベツなのだろうか。

 そんなことを考えていると、まーきゅんがキャベツをソースにつけてパリパリ食べ始めた。僕も真似してパリパリ。エリスもボスケテもパリパリ。

 よくわからないが、串揚げ屋に入るとキャベツがサービスされるようだ。

 串揚げ屋では飲んで食べた。全部まーきゅんの奢りだった。

 浪速のイケメンは身も心も太っ腹である。

 

 この日は一日まーきゅんのお世話になった。移動はまーきゅんが運転する車だったし、食事はすべてまーきゅんの奢りだった。

 最後は宿泊先のビジネスホテルまで、まーきゅんが送ってくれた。

 車から降りるとき、僕は手を振った。

 「まーきゅん、ありがとう」

 浪速のイケメンは夜の大阪に去っていった。


*京都編につづく・・・・


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

sponsored links

calendar

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM