ブログの書き方

  ブログの書き方というのが、僕にはわからない。僕がGOMIの公式ブログとして「春不遠」を書き始めたのが、一昨年の夏頃だから、かれこれ一年半ほど続けていることになる。が、どういう書き方をすればいいのか、今だにわからないでいる。

 こんなことを書いていいのか。もう少し違う言い回しをしたほうがいいんじゃないか。誤解を与えてしまったらどうしよう。

 そうした迷いと不安の中で妥当な線を探し、おそるおそる筆を落としていく。

 幸いなことにこのブログが元で、誰かとケンカになったり、訴訟が起こされたり、あるいはどこかの国がミサイルを飛ばしたり、ということは今のところ起きていない・・・・はず。

 しかし、ペンは剣より強し・・・・いや、口は災いの元というべきか。僕が書いた何気ない一言が、まわりまわってブラジルあたりでクーデターの引き金になってしまうことがあるかもしれない。


 もう少しラフな書き方をしたほうがいいんじゃないか、と思うこともある。

 たとえば前回書いたオフ会の記事がそれだ。三行で書ける話を三回にも分けて、だらだらと書いた。それだけならまだしも、なんだか暗い。じと〜っとした、ナメクジが這った後のような文章になってしまった気がする。

 もっと簡潔に、そしてほんわかと書けないものか。

 三行くらいにまとめて、1バイト文字で顔の表情を表したもの(顔文字のことです。素直にそう書け)を文章の末尾に添えてみるのはどうだろう。前回の記事で試してみる。

 GOMIのオフ会がありました^o^

 お酒飲んで、酔っ払っちゃいました><

 悪かったと思います^^;

 ナメクジが這った後は消えた。読むのに3秒とかからない簡潔さもいい。けど、なんだかMMORPGのチャット欄みたい^^;


 自分のことをどう呼べばいいのか。これにも迷う。

 ブログというのは多くの場合、一人称で書かれている。僕もそれに倣い一人称で書いているが、自分の呼び方というのがわからないのだ。

 つまり「私」がいいのか、「僕」がいいのか、あるいは普段話すときのように「俺」がいいのか、という迷いである。

 僕はほとんど「私」にしている。今回のように「僕」にすることはめったにない。「俺」にしたことはなかったと思う。

 一人称を「私」にしているのは、敬愛する向田邦子が書く随筆の影響だが、それよりも「私」にすることにより、やんごとなき御方が書いているように見える、という下世話な虚飾が大体のところだろう。

 もういっそ「朕」にでもして、僕は秦の始皇帝の生まれ変わりという設定にしたらどうか。

 朕は生まれ変わってGOMIの始皇帝となったぞよ。ふぉっ、ふぉっ、ふぉっ。

 朕はストリートファイター4のウルトラコンボをうまく決められないぞよ。このままだと誰かを適当に処刑するぞよ。ふぉっ、ふぉっ、ふぉっ。


 僕の例えやユーモアというのは、どれくらい伝わっているのか。一番、自信が持てない部分だ。

 腹がよじ切れるほど笑う、という表現があるが、さすがにそこまで笑う人はいないだろう。腹から飛び出た胃とか腸とか十二指腸なんかを抱えながら、血染めの部屋でひくひく笑う人がいたら、それはもうユーモアではない。

 そこまで笑ってもらわなくてもいいから、せめて口元が少し緩む程度、それも本人さえ気づくか気づかないかくらいほんの少し緩めば、僕のユーモアも報われる。

 だが、それさえも難しい。どうすればほんの少しでも、読む人の口元が緩むのか。

 すぐに思いつくのが、小学生か中学生が言いそうな類の幼稚で下品な話を並べることだ。しかし、ここをご覧になっている紳士、淑女の方々がそのような文章を目にしたら、もう二度とお読みになってはくださらない。


 結局、どう書けばいいのかわからないまま、正しいのか間違っているのかもわからないまま。
 だけど、それでも読んでくれる人がいるのなら、それでいいのかもしれない。今はそういうことにしている。

*続きに投稿コーナー紹介があります
 大人気の投稿コーナーに投稿がありましたのでご紹介します。約一年ぶりになりますか。
■ロールシャッハテスト
インクの染みが何に見えたかを投稿する、精神分析コーナーです。1objectさんからいただきました。
■投稿文
ステルス型(?)戦闘機に見える。
真ん中の白い部分がコックピットのガラス。
こちらに向かって飛んでくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくる

 あー、あー、はいはい。なるほど。確かにそう見えなくもないですね。あの染みがステルス戦闘機に見えた1objectさんの精神を専門家が分析すればどうなるんでしょうか。個人的にはちょっとエッチな結果を期待しています。
 1objectさん、投稿ありがとうございました。皆様もインクの染みにびびっと来たら、是非「ロールシャッハテスト」のコーナーまで。その他のコーナーも随時投稿を受け付けております。

*投稿は公式サイト「千の風」⇒「コーナー」からお好きなコーナーを選び、投稿フォームよりご投稿ください。


コメント
毎回 楽しく読ませていただいています。

何回か爆笑したことがありますwww
  • akagi
  • 2010/03/03 7:29 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

sponsored links

calendar

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM