第二回オフ会レポート 大阪編

 エスカレーターは左側を開ける。串揚げのソース二度づけは死刑。話には必ずオチをつけなくてはいけない。

 東京モンが語る大阪のイメージだ。そして決まって、

 「文化が違うんだよ」

 と口を揃える。

 「大阪は外国だから」

 と言うものまでいる。眉につばをつけたくなる情報もあるが、やはり東京とは大なり小なり違いはあるのだろう。

 この夏、そんな大阪にてGOMIのオフ会が開かれた。夏風邪をこじらせた1objectを東京に残し、僕は単身、彼の地に赴いた。

 

 新大阪の改札を出るとすぐにエリスが迎えてくれた。

 大阪の地に足を着けるのは初めてだ。日本の外国とまで言われる地である。大阪ビギナーの僕には右も左もわからない。言葉も通じるのか不安であった。

 こんなときに頼れるのは何か。

 大阪を知り尽くし、舐めまわし、しゃぶり倒した船頭役が必要だ。

 それは誰か。まーきゅんしかいない。

 歩く大阪ウィキペディア。iphoneと呼ばれる未来の携帯端末を使いこなし、自家用セダンで縦横無尽に大阪市内を駆け巡る――

 ここまで頼れる船頭はそういない。彼のまたの名は浪速のイケメンである。

 

 エリスと二人、まーきゅんの車に乗り込んだ。

 「神、何が食べたいですか?」

 まーきゅんに訊かれ、僕は、

 「お好み焼き食べたい」

 まーきゅんのシナプスはすぐに目的地を探し当てたのか「食べたい」の「い」を言い終わるか、終わらないうちに車を走らせていた。

 

 ドラえもんのポケットには未来の道具が入っている。浪速のイケメンのポケットには何が入っているのか。iphoneである

 お好み焼き屋の前まで来たとき、まだ開店前であることがわかった。だが、まーきゅんは慌てない。

 華麗にズボンのポケットからiphoneを取り出すと、指一本で端末を操作しはじめた。

 こういったときどうすべきなのか。おとなしく開店を待つのが懸命なのか、あるいは別の店に移動するのがよいのか。

 まーきゅんの脳神経が、iphoneの情報端末と結び合わさり、最善の答えがはじき出される。結果、開店するまで、適当にぶらぶらするのが良いということがわかった。

 まーきゅんがiphoneで情報を収集し、的確な判断を下さなかったら、僕とエリスは大阪で遭難していたことだろう。

 浪速のイケメンにはiphoneがよく似合う。


 本場のお好み焼きに舌鼓を打った後、まーきゅんに連れられ、大阪城に行くことになった。

 夏の大阪城は蝉が鳴き、木々の葉が生い茂り、空はどこまでも高く、青かった。そして広い城内を歩くまーきゅんの姿は、まるで城主である。

 「余の城じゃ。苦しゅうないぞ」

 と言い出してもおかしくはない。何か粗相があれば、

 「ええい、頭が高いわ!」

 と一太刀で斬られても文句は言えない。そんな貫禄があった。

 浪速のイケメンにとって大阪城は庭なのだ。


 通天閣のメインは展望台ではない。その足元にある。

 大阪城を出た後、ボスケテと合流。四人となったGOMI一行は、まーきゅんの運転する車に乗り通天閣に向かった。大阪いうたら通天閣や、というノリだ。

 通天閣の足元まで来て、いざ上まで行こうとしたら一時間待ちと書いてあった。

 待とうか、どうしようか、と思案したが、「待つほどのものではない」という冷静な判断が二秒で下され、満場一致で可決された。あまり大きな声では言えないが、まーきゅんが言うには「のぼってもショボい」らしい。

 通天閣の足元一帯には串揚げ屋が並んでいる。おそらく「大阪串揚げ総連合」とかいう組織があって、その総本山が通天閣周辺なのではないだろうか。

 通天閣に上ることを断念したGOMI一行は、大阪いうたら通天閣や、というノリから大阪いうたら串揚げや、というノリにシフトしていた。

 

 豚、うずら、チーチク、生姜、からしれんこん・・・・。

 遠慮なんていらない。食べられるものになら、何でも串をぶっ刺し、衣をつけて揚げる。それが串揚げだ。

 ソースにじゃぶんと浸して食べる。二度づけはご法度だ。かつてソースの二度づけは、市中引き回しの上、打ち首になったらしい(ウソです)。

 気になったのは、生のキャベツが出されたことだ。生キャベツは適当な大きさにちぎってあった。

 京都ではぶぶ漬けが出されたら帰らなければならない、という伝統があるが、大阪ではぶぶ漬けの代わりに生キャベツなのだろうか。

 そんなことを考えていると、まーきゅんがキャベツをソースにつけてパリパリ食べ始めた。僕も真似してパリパリ。エリスもボスケテもパリパリ。

 よくわからないが、串揚げ屋に入るとキャベツがサービスされるようだ。

 串揚げ屋では飲んで食べた。全部まーきゅんの奢りだった。

 浪速のイケメンは身も心も太っ腹である。

 

 この日は一日まーきゅんのお世話になった。移動はまーきゅんが運転する車だったし、食事はすべてまーきゅんの奢りだった。

 最後は宿泊先のビジネスホテルまで、まーきゅんが送ってくれた。

 車から降りるとき、僕は手を振った。

 「まーきゅん、ありがとう」

 浪速のイケメンは夜の大阪に去っていった。


*京都編につづく・・・・


フーン

 抒情を書き連ねたりしません。頬がぴくっと動くか動かないかくらいのネタも言いません。
 いつもは、四百字詰めの原稿用紙で言えば四枚から八枚程度書いているのですが、今回はそんなにだらだら書きません。短いです。内容も薄いです。ですので、ウゲっとなる率は低いです。
 文章も適当です。てにをはも守っていない感じは思われをするので、気につけます。

 フーンですませられること書きます。
 私が失業したとか、あるいは末期のうどんこ病で余命いくばくもないとか、そういう話じゃないです。それはそれで、フーンかもしれませんけど。
 あ、GOMIを抜けるとか、その手の話でもありません。もし、そういう日が来るなら、こんなふうに書いたりせずに、フっと火星にテレポートするだけだと思います。

 さて、本題に入ります。入りますけど、本当にフーンで終わることなんで、ここから先は読む必要ないかもしれません。いや、ないです。読まなくてよし。
 とは言っても、気になる人もいると思いますから、一応書きます。オチとか一切ないです。フーンですよ、フーン。
 どうしてもフーンしたいとか、フーンくらいしてやってもいいかなとか、今日はフーンする気分であるとか、そういった方は、続きを読むからフーンしてください。

もう、僕は話さない

 文章というのは最初の一行が肝心である。

 頭をキメたら、あとはわりと適当でもよい。顔がジョニー・デップなら、体がハエでも女にモテるのと同じだ。

 今、僕はこの最初の一行が思いつかずに苦しんでいる・・・・ぷはあ。思いつかないよぅ。

 仕方が無い。最初の一行はあとに回す、というアクロバティックな技で、先に体のほうを作っていこう。

 

 先日、1objectと構造主義的言語学(ええ?)と、チョムスキー生成文法(はあ?)についての意見を交わしていたときのこと。

 話の成り行きから、このブログの話題になった。

 「もっと更新してよ」というわけである。

 彼に言われるまでもなく、僕は更新しようと思っている。決して放置するつもりはない。だけど、なかなか筆を持つ手が、もといキーボードを打つ手が、動かないのだ。

 そのことを僕は話した。それに対し1objectが、

 「なんか本の紹介とかしたら?」

 本の紹介なんて誰も楽しめないし、そんなのインターネットで検索すれば、たくさん出てくるから、わざわざ書くことないじゃん。

 そのとき僕は、そう話したが、本当のところ・・・すんっっっごく書きたい。最近読んだアメコミを紹介するとか、すんっっっっっごくしたい。

 だけど、やっぱりできない。たとえばアメコミを紹介するとしよう。僕がウォッチメンやバットマンについて語るのだ。

 だが、その世界にはすでに、何年、いや何十年と、どっぷり浸かっている方がいらっしゃる。

 で、そういった方たちはすでに、ホームページとか、こういったブログとか、あるいは会員制の情報誌やなんやらで、かなりディープに解説されている。僕ごときでは気づかなかったところにまで言及なさっている。

 そういった方が、たまたま何かのはずみでこのブログにたどりつき(たぶん「DR.マンハッタン」で検索した)、僕のアメコミ紹介を目にしたら、どうなるか。

 おそらく、スーパーストリート・ファイター4で、ベガがウルコンを決めているときのような表情を浮かべ、

 「お前なんぞにアメコミを語る資格などないうわぁ、フハハハハハハ」

 「ぬるいっ!ぬるすぎるぞぉ!!!」

 と、なるに違いない。考えただけでもサイコパワーの前にひれ伏したくなる。

 本の紹介なんて、僕には恐れ多くてできない。アメコミに限らず、山田風太郎、向田邦子など、他にも紹介したい本はあるが、その世界にはすでにその世界のベガが存在しているのだろう。

 

 ここに来てやっぱり筆が止まる。最初の一行を置き去りにしたまま。

 僕にはおもしろいことが書けない。考えてみれば当たり前だ。僕はおもしろい世界を、陽気な世界を知らずに生きてきた。

 いや、アメコミは確かにすばらしい。たとえば、ウォッチメンは一つの完成された世界だろう。ウォッチメンを知らないということは、それだけで人生の損失だと思う。

 だけど、それはただウォッチメンの分だけの損失だ。べつに気にすることもない。

 ここを読んでいる人は、ウォッチメンを読んだことがないだろうし、これからも読まないだろう。

 そういった人たちに僕が、アメコミやウォッチメンのおもしろさ、いや僕が知っているおもしろいことを伝えようと、口角に泡を飛ばしたとき。きっと笑いながらこう言われる。

 「もっと、おもしろいこと知ってるから」

 もう、僕は話さない。


*続きに投稿コーナー紹介があります


GOMI二周年のご挨拶

 人生にジェットエンジンでも点いたのか。毎日があまりにも早く飛び去っていきます。特急列車の車窓に映る風景より早く過ぎ去る日々の中で、私は何もできずに、ただ時間が止まればいいと思うことしかできません。

 このまま一年また一年と音速で過ぎて、私はひとつまたひとつと、確実に着実に歳を重ねていくのでしょう。そして気がついたら、もう若くはなく、からっぽのままおじさんになっていると思います。

 もしスーパーマンが、地球の周りをぐるぐる回って、時間を戻してくれるなら・・・・。そんな馬鹿なことを考えて、他にあるとしたらどんな生き方ができただろう、と意味のない夢想にふける今日この頃です。


 GOMIが生まれてから二年経ちました。GOMIも二つ歳を重ねたことになります。

 GOMIの二歳は人間で言えばいくつくらいになるのでしょうか。

 まだ、よちよち歩きの赤ちゃんか。それとも働き盛りの青年か。あるいはもうよぼよぼでお迎えを待っている老体なのか。いや、すでに死んでいるのに、ただ徘徊するだけのゾンビか。

 私にはわかりません。たとえ終わるにしろ、このままもう少し続くにせよ、もうすでに私の手を離れているからです。

 からっぽの私が始めたGOMIは、そのまま私と同じくからっぽでした。何もなくただ風にゆれる葦と同じです。

 そんなGOMIに動力を与えたのは、私ではなくGOMIの皆様だと思います。私ひとりなら何も起こらなかったことでしょう。

 二年経ってGOMIがまだこうしてあるのは、GOMIの皆様のおかげです。


 ありがとうは言えるうちに言っておけ、とバットマンが言ってました。

 音速ジェットで毎日が飛び去っていくと、言うべきことを置き去りにしてしまい、そのことを忘れてしまいます。そして、今あるものを当たり前のように感じてしまうのです。

 すべてのことには終わりがあります。GOMIもそうです。いえ、GOMIが終わらなくとも、私が去らなければならなくなる日が来るかもしれません。

 それはどうなるかわかりませんが、そうなってしまう前に感謝を捧げます。からっぽの私が愛する、GOMIとエリスに――


2010年4月13日 senzry


筆休め〜投稿紹介〜

 よせばいいのに、森田童子ばかり聴いているせいでしょうか。ほっておくと、このブログは重たい雰囲気になってしまいます。

 できるだけおもしろいことを書こうとは思ってます。しかし、どうしても暗いほう、暗いほうへと舵を切って、どよーん、どよよーんと重たい抒情を一方的に書いてしまいます。

 だらだらと書いてしまうのもよくないことです。ただでさえ重苦しいのに、だらだら続いてしまうと、いつまで経っても晴れない曇り空のようです。

 少しは晴れ間が見えないと、せっかく読んでくださっている方も離れてしまうことでしょう。それに書いている私も疲れます。

 たまには筆休めも悪くない。そう考えて、今回は気楽な投稿コーナー紹介を本文のほうでさせていただきます。


*投稿紹介 

 何事が起こったのか。いつになく二通も投稿がありました。投稿コーナー始まって以来の大量投稿です。さすが当ブログのメインと言うべきでしょうか。

 では、さっそく紹介していきます。ついてきてくださいネ。


■ぼくのかんがえたとくしゅかんせんしゃ

 最新AI搭載超リアル系協力型ゾンビシューティングホラーゲーム(ふぅ・・・)である「Left 4 Dead」に登場する特殊感染者のアイデアを皆様から頂戴するコーナーです。いただいたアイデアはいずれバルブに送りつけて、「Left 4 Dead3」に採用させるつもりです。

 今回はエリスさんから素敵な特殊感染者のアイデアをいただきました。

■投稿文

特殊感染者:1object
特徴:自称上級者でいつも仲間の特殊感染者(主にircメンツ)にあーだーこーだ言ってくる困ったちゃん。そのくせに自分の理論が論破されると「あっそ〜」「だから?」などと顔真っ赤になる。
またduel中に煽ると「ブッ殺すぞ」などと場の空気を完全に凍らせるのが得意である。
ゲーム上ではいつも怖い顔(半笑い)でプレイヤー側を恫喝し武器を奪う、それがスナイパーライフルなら非常に俊敏な動きで奪って後方から芋ることがある。

 エリスさん、投稿ありがとうございます。たいへん怖ろしい特殊感染者ですね・・・・。
 この特殊感染者に睨まれると生きた心地がしないといいます。以前この特殊感染者と道で遭遇した一般市民は目が合っただけで「殺さないでぇ〜」と言って逃げ出したそうです。
 ただ、いい人と言われることもあるので、話してみると意外と気さくなのかもしれません。
 ちなみに吉祥寺の某電機店で、ポイントカードを勧めているという情報もあります。

■頭のゴミ箱
 何かの拍子に頭をよぎる何の役にも立たないし、どう料理することもできない「どーでもいいこと」を捨てていくコーナーです。
 1objectさんからいただきました。
■投稿文
Duel中に(QuakeやUT3など)
「なぜこの人は相手を殺しているのだろう」
「仮に生き残りをかけた戦いだとしても、
敵が復活するポイントに正確に弾を撃ち込むのは滑稽ではないか?」
などと考えることがある。

 ふーん。1objectさん、投稿ありがとうございました。

 いかがでしたでしょうか。今回は軽めの内容にしました。曇り空にも少し晴れ間が見えたのではないかと思います。
 ということで、私はまた森田童子でも聴いてきます。

<< | 2/4PAGES | >>

sponsored links

calendar

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM